お金を借りるのは天国?地獄? コンテンツ一覧

川口勝也さん(37歳)の場合

川口勝也さん

24歳からお金を借り始め、今なお500万円の借金が残る川口さん。ですが、彼は現在の自分を「幸せ」であると言い切っています。
その理由を、これまでのキャッシング遍歴とともにご紹介します。

山田未来さん(48歳)の場合

山田未来さん

バブル期に就職して多くのお金を稼ぐとともに、資産家の旦那さんとも結婚して順風満帆に見える生活を送っていた山田さん。
それがなぜ借金漬けになってしまったのか。そこには深い人間ドラマがありました。

加藤浩一郎さん(52歳)の場合

加藤浩一郎さん

加藤さんがキャッシングに手を出したのは、20代後半。
新入社員としてまじめに働いていた加藤さん。その頃は消費者金融でお金を借りることなど考えも及ばなかったそうです。
その加藤さんがキャッシングをはじめたきっかけは、彼の友人の誘いがあったからなのです。

児玉正一さん(43歳)の場合

児玉正一さん

児玉さんは、それまで勤めていた会社をやめて、父親のベンチャービジネスを手伝うことに。
でも、そのベンチャーはなかなかうまく行かず、給料をもらえないどころか、お金の無心をされる毎日。
そして、お金の尽きた児玉さんは、お金を借りるようになったのです…

高田透さん(39歳)の場合

高田透さん

高田さんは、20代にして起業し、会社経営を行うことに。
自分の会社の作る製品は、評判はいいのですが、思ったように売れない。経営にも行き詰まってしまいます。
そこで、まずは自分の父親に保証人になってもらうことから始めたのですが…

小和幸紀雄さん(45歳)の場合

小和幸紀雄さん

学生の時から銀行系クレジットカードを作り、親のお金で豪遊していた小和さん。
学校を卒業してからも生活スタイルを買えることが出来ず、借金は膨れるばかり…。
最後には、様々な方法でお金を工面するようになります。

当サイト一押し情報をみる!

このページの先頭へ