バブルに踊らされた悲惨な運命

このサイトでは「お金を借りる」ことの基礎知識や最新の情報をお伝えしていますが、ここでは実際にお金を借りるとどうなるのかについて、お金を借りたことのある人に実体験を取材しました。
お金を借りることは幸せをつかむことになるのか?それとも不幸の入り口なのか?キャッシングでお金を運用することはは天国なのか地獄なのか?
とても重いルポルタージュになっています。じっくり読んでみてください。


小和幸紀雄さん(45歳)の場合

小和幸紀雄さんのプロフィール

名前(仮名) 小和幸紀雄
性別 男性
現在の年齢 45歳
借入時の年齢 20歳
借入時の職業 学生
最終学歴 大学卒
出身地 静岡

いつの間にか借金が200万円に

私は、クレジットカードを作って、自分自身では総額30万円ほどしか借りていない感覚で贅沢な暮らしをしていたら、知らないうちに200万円ほどの大金を借りていました。

借金をしても贅沢を止められなかった日常

高級レストラン

銀行などで、一括で普通の収入の人間が借りようと思えば出来ないのかも知れませんが、審査の甘いクレジットガード会社で少しずつ借りて行けば、フリーターなどでも貸してくれるようです。私の知人の場合も、200万円、300万円を借りている人もいましたし、一時的に収入がある時に借りても、転職後や離職後に無職になってなかなか返せないケースも見てきました。

私の場合は、当時は20代から30代でしたので、東京で仕事を転々としていて、月の月収もそう多く無かったですし、東京で一人暮らしの生活をすれば、ほとんどお金が残らず、収入が無くなれば、親に仕送りをしてもらうなどをしていました。

西洋料理などの高級レストランではカードで払う事で、収入があるような感覚すら味わえる事が出来ましたので、ワインなどを頼んで、毎週週末に5000円や6000円ほど使う事も多々ありました。最後の方には、週2~3回はカードで支払っていたと思います。

髪を切る所も、都内の有名な所で、月に二回ほど10000円位かかる所で、綺麗な髪型になるように切って、帰りには、月に一度ほど、ホストが通うような煌びやかなスーツやジャケットを二万から三万ほど出して買っていました。

毎月カードの請求が来るので、頻繁にカード会社に電話しては、枠を広げてもらう、リボ払いの額を一番安く抑えてもらうと言う事で、対処していました。

カードの借金をカードで返すと言う事もしていたので、出来るだけ多くのカードを作りたかったのですが、自分自身が使っていた携帯キャリアのクレジットカードは何回か申し込みしても、通らないので諦めていました。

それから、他社では、20万円の枠しか何回やっても上限を上げられない所もありましたので、こちらは諦めて、他の審査が通りやすい大手銀行系とネットバンク系のカードを二枚ほど作っていました。

この二枚のカードがメインに、200万円のうちのほとんどを借入する事になったカードでした。

学生時代の信用がその後の審査に効果があったかも?

片方のカードは大手銀行系のカードでして、学生時代、私は留学する人や帰国子女が多い大学に通っていたのですが、留学や海外旅行などで使う事もあるので、学生証にクレジット機能を付けてもらえるのでした。

親は「カードは怖い。」と言って反対していましたが、大学側も「海外で何かトラブルにあった時だけに使う海外のみで使えるカードだから。」と言う事で説明するので、こちらのカードを持たせてくれることになりました。

そのカードで、大学時代は海外旅行に行き、50万円ほど豪遊して帰ってくる事が多々ありましたが、親が当時は公務員で収入も1000万円くらいはありましたので、親に払ってもらう事が出来たので、一括で何回も50万円を払ってもらうと言う事が出来ました。

当時、そういう風に学生時代から、この大手銀行カードで毎回しっかり一括払うと言う事が出来たので、信用が置ける人間と言う事で、情報が記録されていたのかも知れません。

このカードは大学卒業後に学生証と共に廃棄しましたが、大学卒業後、東京で一人暮らしの生活をしていて、ネットワークビジネス、つまりマルチ商法を始めまして、カードを使って払う方が、送料などがやすくなるのと一々、銀行に行って商品代金を下しては払うと言う事が面倒くさくなったのと、人に商品を売りさばいていた為に自分自身で使う以上の商品を購入する為に一時的にお金が欲しいと思いました。

そういう理由で、もっとお金を借りてでも使いたくなった時に、このカード会社の存在を思い出して申し込みをしたら、あっさり通りました。

当時は、自己投資はお金がかかる、これは起業の為の資金と同じだ。

材木屋などの事業をするにも800万円ほど、借りたりする人も世の中にはいるのだから、高々、月に三万円ほどの商品購入代なのだから、大仰では無い自己投資で成功すれば、返せると思っていました。

この大手銀行系のカードの申し込みに関して、自分が使っているネットバンクのサイトからの経由で申し込みをしたのも、信用があったのかも知れません。ネットバンクでは、毎月、携帯やその他の料金を引き落としにしていましたし、そちらも、もし、払っていませんと、払っていないと言う通知がメールで朝に来るのですが、夕方にもう一度、引き落としがありますので、親から仕送りをして貰ってでも、ネットバンクからの口座引き落としは遅延なく払っておりましたから、信用置ける人物と見られたのかも知れません。

詳しくはわかりませんが、親が持家を所有しているなどや、親の収入が高ければ、本人はあまり年収が無くてもクレジットカード会社は、見て見ぬふりして貸すのだと聞いた事があります。それに親からの仕送りなども本人の収入の一部と見做してくれると聞いた事もあります。

キャッシング枠を増やす方法

年収の3分の1しか借りる事は出来ないと聞きますが、前年度の収入でクリアしているか最近カード作るまでは、年収があって、カードを作った後に何らかの理由で会社を退職して無職になれば、年収の3分の1しか借りる事は出来ないと言う規定からすればアウトになるはずですが、この場合、例え、無職状態でも、カード会社は、貸し続けているので、ここら辺はグレーゾーンになってしまうと思います。

それから、個人事業者であれば、前年の年収が多くても、次の年の年収は不確定なわけで、そういう場合でもカード会社によっては貸してくれます。

私の場合、職業を転々としていましたが、歩合制の営業職と言う仕事と言う事もあり、収入が取れている時期は、同世代より取れていて、クレジット会社も最初に申込みする時に、源泉徴収が出せない場合は直近三か月の収入の書いてあるものでも良いと言う事でしたので、三か月の収入がある程度取れている時期に申込みをして、その時期の収入を出せば、あっさりと通りました。

カード会社によっては、その後、枠を増やして行く場合は電話で簡単に申込みが出来たので、50万円ずつ位枠を増やして、最初は50万円の枠だったのが、最終的には200万円くらい借りられるまで、簡単に枠を増やせました。

この場合、特に収入の書かれている紙や源泉徴収を出さなくても良く、口頭で電話申し込みなので、簡単に枠を増やせました。

風俗嬢にいれこんで

風俗街

私は、当時、惚れていた風俗嬢がおりまして、その女の子に会うために飛行機を使って通う、クレジットカードでお店の料金を払うと言う事を頻繁にやっておりましたので、知らないうちに借入額が大きくなったのだと思います。

その風俗嬢には、色々な事情がありまして、出入り禁止になったのですが、他の知人に頼んで、その女の子に、もう一度、会って会えるように説得するためにも、キャッシング枠を増やして、知人にお金を渡していました。

そして、その風俗嬢に会えない悲しさから、他の風俗店やキャバクラに行き、話を聞いてもらうと言う事をしていましたので、こちらの方はショッピング枠の方で支払っていました。

計算も何もなく、自分の中では、30万円ほどしか借りてはいない感覚でいましたので、どんどん膨れ上がっていっていたのだと思います。

当時は、語学教室にも通っておりましたので、その語学教室は現金でしか支払を出来なかったので、カードのキャッシング枠の方で払って、他のクレジットカードを使ってキャッシングをして返す、また、その他のクレジットカードでキャッシング枠を使って返すと言う見せかけだけの自転車操業的な返済を繰り返しておりました。

それでも、表面上は返した事になるからかも知れませんが、クレジットカードの利用枠を増やしたい時にだけ、キャッシング枠を他のカードを使って全額返済し、カードの利用枠が増えたら、また、そのカードで借りると言う事を繰り返しておりました。

ショッピング枠を使う裏技

お金は実際、クレジットカードの場合、簡単に何故か借りる事が出来ます。銀行などで借りられない、消費者金融でも借りる事が出来ない人でも、クレジットカードの特にショッピング枠であれば、何故か借りることが出来るケースを良く見て来ました。

何故か、キャッシング枠、つまり、ATMで現金を引き出す事が出来る方の枠の方は、クレジット会社も渋って利用枠を広げようとしないのですが、ショッピング枠の方は、電話で申し込みをして簡単に数分で受け付けてくれます。その後、数日で回答が来て枠を広げる事が出来るので、知らないうちにショッピングで使って多額の借金をしてしまったと言う事になるのでしょう。

電話で、申し込む際に、二点か三点、現在の収入や会社のお勤め状況を聞かれますが、大抵、形だけ聞いていると思われます。

何故だかはわかりませんが、耳にした事がありますが、例え、会社名や現在の収入について間違えた事を答えたとしても、何のお咎めも無く、簡単に通るようです。

要は、年収が、あまり高くない人なのに、多額の収入があるように口頭で言っても簡単に調査もせずに通しているような話を小耳に挟んだ事があります。

仕事を転々としていて、殆ど、収入も安定しないような人たちが、200万円や300万円借り入れしていて利息だけで、多額のお金を払っているケースもあるので、審査と言ってもネットバンク系などの割と審査が通りやすいと言われるカード会社は、審査もザルなのでしょう。

良く、一つのクレジット会社に申し込んで、落ちたら、暫くは審査が通らないなどと言われていますが、審査の厳しい会社同士でしたら、それもあるでしょうが、例えば、審査が厳しい会社に落ちて直ぐ、審査が甘い会社に申込みをしたら、数日もしないうちに審査が通った事があるので、会社によって審査は完全にバラバラなのだと思います。

クレジットカードのショッピング枠を増やしたい場合も、例えば、一社審査が凄く厳しい会社に申し込んで、何度となく落ちてしまっても、審査が甘い会社ですと、数日もしないうちに直ぐにショッピング枠を広げてくれた経験があります。

クレジットカード会社同士、信用情報を共有しているなどと言いますが、それは本当なのでしょうか?

もし、クレジットカード会社が情報を共有しているのなら、一社落ちれば、他も落ちるはずです。多分、共有しているのは、審査が厳しい所の会社同士だと思います。もし、共有していて、審査が甘い会社で情報が見られるようになっていたとしても、審査が甘いクレジットカード会社は、他でNGを喰らってしまうようなお客にも取りあえずカードを発行して、もし、利用枠を広げたいと申し込まれれば、簡単に利用枠を広げてあげているのでしょう。

審査の厳しいカードを例に出しますと、私自身が使っている携帯電話会社キャリアの発行するクレジットカードを持てば、それで携帯電話の料金も払えるので、申込みをしたいのですが、特に借り入れも無く、全額返済を終えた時期でも通らない時があるのか、何故か自分でも不思議でした。

恐らく、ある一定期間、毎日仕事に行くのに、コンビニのATMを使って、自分の銀行口座に携帯の使った分の通話料を入れておくのが面倒くさくて、毎回、催促が来るまで、待っていて、家に支払通知の葉書が来てから払う、或いは、携帯の利用料金未払いで携帯が止められてから仕事中に携帯電話のショップに寄って払うと言う事を他のキャリアで繰り返していた事と、今の携帯キャリアでも、同様に、何回か携帯ショップで未払い分を払うと言う事をやっていた為に、今、現在使っている携帯キャリアにもその情報が流れているのかも知れせん。

そういう意味で、携帯電話のキャリアが発行するクレジットカードは毎回クレジットカード会社に携帯料金を遅延なく払っている人にしか厳しいのかも知れません。

携帯電話の料金をキチンと払って来なかった人に携帯電話料金をクレジットカードで払うようにしますと、最終的に、携帯電話の使用料金が回収できない可能性があるので、信用置けない人物と見られているのかも知れません。

ですから、クレジットカード会社はこちらが思うほど、他からの借り入れ情報などを共有していない。もし、共有していたとしても、殆ど、審査には関係無いのではないかと思います。

口頭でクレジットカードのショッピング枠を増やして欲しいと電話で申し込みをする場合でも、他社からの借入額を口頭でサラッと軽く聞かれるだけで、その時に正確な額を思い出せなくて、適当な解答をしたとしても特にペナルティーなどがあったわけでもないですから、極端な話、他社で多額の借り入れがあっても自分自身の中で、殆ど、いくら借り入れをしているかわからない場合、自分の感覚で答えてしまっても通るのだろうと思います。

様々な経験で知ったクレジットカードの怖さ

最後に、200万円ほどの借金ですが、私は東京から仕事を辞めて実家に戻った時に、親に、「今日、1万円ほど貸して欲しい毎月の請求代金を払うから。」と親に話をした所、「一度計算をして全額を今、払った方が良い。このままでは利子だけを一生払う事になるから。」と言われて計算をした所、自分では多くても50万円か80万円と思っていたのですが、足し算をしてみると200万円を少しオーバーするくらいの借入額がありました。

当時は、両親が収入の良い職場に勤めていたので、両親の助けもあり一括で払ってしまう事が出来ました。

両親や知人に金銭的に余裕のない人間やお金を感覚でしか数える習慣が無い人は、クレジットカードを持つべきではないと思います。

クレジットカードでしか引き落とせない習い事やジムなどもありますが、5000円ずつのリボ払いをしていた所、毎月の習い事やジム使用料で1万円ほどありましたので、知らないうちに借金になってしまっていた事がありましたので、リボを11000円ずつ払う事にしました。

クレジット会社は、使う側の大衆心理を良く知っていたりする、凄く頭の良い人がどうすれば会社が儲かるか考えているので、今一度、計算が苦手な人は、自分の利用額を見直すべきだと思います。


当サイト一押し情報をみる!

いかがですか?

お金を借りることは、そのお金の使い方によっては天国にも地獄にもなります。
お金の地獄に落ちないように、賢くお金を使ってくださいね!借り過ぎには注意!

このページの先頭へ