ネットはなんとなく怖い・・・そんな人にはまず無料の簡易診断を!

いくら「お金を借りるならネットが便利!」と言っても、やっぱり不安がありますよね。
実際にお店の窓口に行ってスタッフの人と会話しながら申し込む安心感にくらべ、ネット申し込みは、向かい合う相手が居ない。
だからなんとなく不安になってしまうんですね。
そのため、申し込みのページに行ったはいいけれど、なんとなく躊躇してしまう・・・

そういう人のために、多くの金融会社が、借入の申込の前に「無料の簡易診断」をもうけています。
この簡易診断を通じて、ネットでの申し込みに対するアレルギーを中和しようと策を練っているのです。
せっかく用意された「無料診断」、これは利用しない手はないですね!


ネットの簡易診断は数秒で完了します!

ネットでの事前「簡易診断」は、あなたを審査するにあたってもっとも重要な項目に絞って、2~3個の項目が提示されます。その項目に回答すると、「借り入れ可能です」「借り入れできません」といった結果が表示されるのです。
その審査にかかる時間はわずか1~3秒!
例えば、プロミスの簡易診断はこちらからできます。

【プロミス】3項3秒診断!24時間申込みOK♪

このプロミスの簡易診断にかかる時間はわずか3秒!
回答する項目は、生年月日、年収、現在の借入金額の3項目だけ。
だからあっという間に入力完了しますし、その3秒後には借り入れ可能かどうかの診断結果が表示されるというわけ。

10秒簡易審査結果表示→本審査へシームレスに移行できるモビット

モビットの10秒簡易審査表示はこちらからできます。

≪モビット≫★PC・スマホからWEB完結★!10秒簡易審査表示

モビットの事前に行う診断にかかる時間は約10秒とプロミスと比べると長いですが、プロミスがあくまでも項目を絞っているのに対して、モビットの事前診断はそのままシームレスに本審査に移行するような方式をとっています。
ですから、入力する項目もやや多め。
このあたりは、「簡単だけど本審査でいっぱい項目を入力するプロミス」と「最初面倒だけど本審査では項目入力の数が少ないモビット」のどちらがいいか、人それぞれの価値基準で選べばいいと思います。

ネットの簡易診断から見えてくるもの

このように、ネットの簡易診断では「金融機関が本当に重視している項目」が何なのか、はっきりとわかります。
それは、「年齢」「年収」「他社借入状況」の3項目なのです。
これらの項目以外にも借り入れの本審査の際には様々な項目が審査されますが、柱となるのは上記の3項目。
つまり、一定の年収があること、そして他社借入がないか少額であること、これが何よりも重要なのです。
あなたはどうですか?他社借入が大金になっていたりしませんか?
もしそうなら、まずは身辺をきれいにしましょう。
もし他社借入がなく、これからお金を借りるのが初めて、という人は、まず審査に落ちることはないでしょう。
安心して本審査に進んでいいと思います。

いずれにせよ、本審査前に借り入れ可能かどうか簡易的にわかる簡易診断、ぜひ有効活用してみてください!


当サイト一押し情報をみる!

お金借りる~キャッシング人気ランキング!

  • プロミス

    最短1時間

    三井住友フィナンシャルグループのSMBCコンシューマーファイナンスのプロミス。最大の特徴は、その金利の低さ。大手の消費者金融で最高実質年率17.8%(最低4.5%~最高17.8%)なのはプロミスだけ。だから他と比べて利息が少なくて済むんですね。
    しかも今ならメールアドレスとWeb明細利用を登録すれば「30日間利息ゼロ」のサービスも行なっているので、詳しくはプロミスのサイトをチェックしてみてください!

    さらに、プロミスは借りる手順が多彩でとっても便利です。
    例えば、【即日でお金を借りたい場合】には以下のお金の借り方があります。
    ★平日14時までにWEB契約を完了すれば、その日に振り込みでの即日融資が可能。
    ★平日14時過ぎても、スマホなどで申し込みをして、審査完了後、お近くの自動契約機へいけば、キャッシングが可能です。自動契約機は全国に設置されています。
    土日祝日でもOK。その場合は平日14時過ぎの手順と同じで、申し込みをして、審査完了後、自動契約機へいけば、キャッシング可能。

    自動契約機の場合、基本郵送物もないので便利。
    さらに、「30日間利息ゼロ」のサービスも行なっています。
    初めての方にはお得です!

    プロミスは自分のお金をライフスタイルにうまく取り込むためには最適なキャッシングサービスなので安心して使えます。
    女性でも安心のレディースローンもありますよ!
    プロミスのレディースローンは、対応してくれるオペレーターが全員女性。だから男性のようにツンケンしていないし、女性の立場になって親身に相談に乗ってくれるということもあって、お金を借りたいけれど、申し込むのはちょっと怖いかも・・という人に大人気なのです。
    そして、このレディースキャッシング、実は男性の利用が意外にもおおいのです。それは、男性でも対応は女性にしてもらったほうが気楽に申し込みができるかも・・もしかしたら審査が甘くなるかも(甘くはなりませんよ!)というイメージがあるから、のようです。
    レディースキャッシングだから男性が申し込んだら変?ということは決してありません。男性オペレーターが苦手な人は、思い切って女性に対応してもらうのもいいのではないでしょうか?

    レディース
    スタッフは全員女性!親身の対応が希望のはこちら→

  • 静岡銀行「セレカ」

    地方銀行でトップクラスの使いやすさ!
    静岡銀行のカードローン「セレカ」は、地方銀行なのに全国から申込・融資可能!提携しているセブン銀行からのキャッシングなら手数料も無料です!
    金利の低さも全金融機関トップクラスの年4.0~14.5%、主婦やアルバイトでも借りられるなど、借りやすく返しやすいとの評判です!
    審査の早さも特筆モノで、ネットでの申し込みであれば最短30分で審査回答!条件が揃えば即日融資も可能です。
    更に今なら利息キャッシュバックキャンペーンを実施中!詳しくはこちらをご覧ください!

  • アコム

    三菱UFJフィナンシャルグループの「アコム」。最短30分のスピーディーな審査で最短1時間融資も可能と、いたれりつくせりのサービスがモットーですが、みなさんよく覚えている「はじめてのアコム~♪」というように、キャッシング初心者の人に特に支持されています。
    まずは3秒で結果がわかる「おためし診断」からはじめてみてはいかがでしょうか?ネットでのおためし診断→本審査申込と、とてもスムーズに契約まで移行できるので、ネットに不慣れな人でも迷うことなく操作できます!

  • オリックス銀行

    おまとめ借り換え→新金利

    オリックス銀行は、これまでも「そこそこ使える」ネット系銀行カードローンだったのですが、2016年12月以降、金利が大幅に引き下げられて、全金融機関でもトップクラスの「利息が低い→使える!」カードローンに生まれ変わりました!
    確かにオリックス銀行、銀行系なので即日融資は出来ませんが、最短で即日審査はしてくれるので、急にお金が必要になった際にも重宝します!
    また、融資額300万円以下は原則所得証明書が不要なので、銀行系のカードローンとしては、かなり「使える」サービスになっていますよ!

    こんな人はオリックス銀行をご検討ください!

    • 30~50代の方におすすめ
    • じっくり検討・計画いただいている方におすすめ
    • 学生・主婦・パートアルバイトの方よりは、
       安定した収入のある自営業者やサラリーマン、公務員の方におすすめ
    • 高額融資・借り換え・おまとめにおすすめ
  • モビット

    竹中さん 200x200

    竹中直人さんのCMでよく知られた「モビット」。
    なによりも嬉しいのは「Web完結」というサービスがあること!
    Web完結というのは、いくつか条件がありますが、申し込みから融資までの全てをネット上で完結することができるので、電話での連絡や郵送物なしで申込みを完了することができます。
    会社バレや親バレ、家族バレが困る!という人にはだんぜんオススメのサービス、それがモビットのWeb完結なのです!

    一方で、モビットは即日融資にも対応!(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)すぐに借りたい人は、平日なら14:50までに申し込みをするか、ローン申込機営業時間内にカード発行完了すればOK!すぐにお金を借りたい人にはとても助かるサービスですよね!

    サービスWeb完結カード申込
    融資方法振込融資のみ振込融資、提携ATM
    即日条件平日の14:50までに振込手続完了平日の14:50までに振込手続完了
    もしくは、ローン申込機営業時間内にカード発行完了
    ニーズ誰にもバレたくない人いつでも気軽に利用したい人

    すぐに借りたい!か、誰にも知られずに借りたい!か、どちらを選びますか?

いかがですか?

こちらで紹介させていただいている金融機関は、いずれもしっかりとした経営の一流企業。
こうした企業からお金を借りることで、あなたのステータスもアップすること間違いなしです!
そして、くれぐれもお金は計画的に利用するようにしてくださいね!

このページの先頭へ